2013年12月


komekennshu-.png

12月26日、サンドーム福井管理会議棟2階小ホールで米政策・特別栽培米・日本晴
についての研修会が開催され、約250名の生産者が参加しました。

TPP交渉妥結や米政策の転換により、一層激化することが予想される産地間競争に対応するため、
「売れる」米づくりに取り組むとの説明があり、特に近年、登熟期の高温により白未熟粒の
発生が著しい平坦地では、需要が高く全国的に生産量の少ない日本晴の作付を、
山間地では引き続き特別栽培コシヒカリの作付に取り組むよう呼びかけていました。

参加者からは、様々な質問が出され、活発に意見交換が行われていました。

siin.jpg

12月24日、無農薬・無化学肥料栽培の酒米を使った日本酒「かたかた」が完成し、
越前たけふ農協会館で試飲会が開かれました。
試飲会には、当JAの冨田組合長をはじめ、奈良市長、命名者の和田てる子さんらが出席し、
「あっさりしていて飲みやすい」とお酒の味を楽しんでいました。

「かたかた」は25日からコープたけふ各店と県内のハニー合わせて44店舗で販売中!
数に限りがありますので、お早めにお求めください。

turusikaki-.jpg

今庄特産柿振興会は12月3日、出荷最盛期を迎えた今庄つるし柿の品評会を
JA越前たけふ今庄支店で開催しました。
23点のつるし柿が出品され、7人の審査員が光沢や味、乾燥具合などの
5項目を審査した結果、8点が入賞しました。

turusi.jpg

今庄つるし柿は、三日三晩薪を焚きながらいろりの上で燻して、乾燥させるという全国的にも
珍しい製法で作られており、しっかりとした食感で中はようかんのように柔らかいのが特徴。

hako.jpg


今年は夏場の暑さの影響で落果が多く発生したため、
昨年と比べると出荷量は少ないですが、
例年に増して良質のつるし柿に仕上がっています!

コープたけふ各店をはじめ、県内のスーパーでも
お買い求めいただけますので、ぜひご賞味ください。

konsa-to.jpg

11月30日、越前市文化センター大ホールで小柳ルミ子スペシャルコンサートが開催され、
午前・午後の部合わせて2,319名の方にご来場いただきました。
華やかな衣装で登場した小柳ルミ子さんは、「お久しぶりね」や「瀬戸の花嫁」など計10曲を熱唱し、
その美しい歌声で観客を魅了していました。

kanpai.jpg

観客の皆さんと楽しく掛け合いをしたり、曲に合わせて会場全員で乾杯したりと、
大いに盛り上がりました。

しきぶ日和

月別

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年