土づくり

JA越前たけふでは、ケイカルの500kg/10アール散布を推奨しています。

土づくりの必要性

  1. 土壌のけい酸分の減少
  2. 腐植含有量の欠乏
  3. PHの低下

など、地力の低下により生育後半に稲体が活力を落とし、米の品質・食味低下に繋がっています。

ケイカル散布風景

水稲は好けい酸植物といわれ、一作で多量のけい酸を吸収します。けい酸は根の酸化力を増進し、病害虫や土壌還元に伴う各種阻害要因に対して抵抗性を高める効果があります。したがって、けい酸資材を施用することが望ましく、特に砂質土水田や秋落ち水田等でその効果が高くなります。

けい酸の補給と酸性土壌の改善を

資材名 効 果
ケイカル
  1. 土壌中のけい酸分、PHを高め、土壌中の養分を吸収しやすい状態にする。
  2. 茎葉を硬くし、倒伏や病害虫への抵抗力を高める。

土づくり資材ケイカル500kg無償散布

土づくり資材ケイカル500kg無償散布委託申込書にて申し込みされたケイカル散布面積に対し、資材助成として3,000円/10アールの助成します!自らブロードキャスター等で散布される方には、別途散布料として2,000円/10アールお支払いします。

10アールあたり

経費 ケイカル資材代 13,125円 200kgフレコン2.5本
助成 購入経費 ▲3,000円 10アールあたり500kg散布を確認します
差引 資材農家負担 10,125円  

※自ら散布する場合はさらに2,000円の助成で8,125円/10アールの負担となります。