JA越前たけふのお米

越前たけふ米のブランド「越前しきぶ姫」(玄米)には、食味値・整粒歩合を一袋ずつ表示しています。食味値とは、お米のおいしさを成分分析で表したもの、整粒歩合とは、良質な粒の割合を示したものです。これらを表示することによって、良質でおいしいお米を選びやすくなったと、多くの消費者から好評を得ています。

管内は周囲を山に囲まれた盆地にあり、春になると山から豊富な雪解け水が湧き出すとても水のきれいな地域です。農地には日野川上流から地下のパイプラインを通って、きれいな水が安定的に供給されるようになっています。

また、水だけではなく、土づくりにもこだわり、けい酸資材としてケイカルの10アール当たり500kgの散布を推奨しています。当JAでは無償散布などの助成を行い、天候に左右されない品質や食味、収量の安定化に取り組んでいます。

当JAと越前市は「生きものと共生する越前市」の実現にむけて、コウノトリが舞う里づくりに取り組んでいます。コウノトリを生物多様性や自然再生のシンボルとして位置づけ、里地里山の自然環境と生物多様性の保全・再生を行っています。

にほんの里百選にも選ばれた越前市の白山・坂口地区では、コウノトリの餌となる小魚、かえる、どじょうなどの生物が生息できる環境を守るため、農薬・化学肥料を一切使用せずに米を栽培する「コウノトリ呼び戻す農法」にも取り組んでいます。

特選越前しきぶ姫などお米の詳細はこちらをご覧ください。
» しきぶちゃんの宝箱 特産品情報